クレアデンタルブログ

2014.09.26更新

歯石取りをしたほうが良いというのはよく聞いたことがあると思いますが、
なぜ歯石を取らないといけないのかを知るかたは少ないです。
歯石自体は歯の状態に悪影響を及ぼすものではありませんが、
小さな穴が空いているので、穴の中から細菌が繁殖してしまい、
歯周病の原因となってしまいます。
歯周病は慢性腎疾患、肺炎、骨粗しょう症といった合併症を引き起こす原因となるので、
早急に取ったほうが良いのです。

短い期間で歯石取りをしているかたは、
一回の治療で歯石を全部取ることができますが、
ずっと歯石取りをしていないかたは、
複数回歯科医院に通う必要がありますが、
きちんと歯石を取っておいたほうが良いです。

歯石が一番付きやすい場所は、下の歯の奥歯の頬側となっています。
また、噛んでいない歯の表面も歯石が付きやすく、
虫歯があるからといって、片側の歯しか使っていないかたは、
歯石が溜まっている可能性があります。
しばらく歯科医院で歯の検査をおこなっていないかたは、
検査をおこなうようにしてください。
歯石取りを初めとした色々な治療をすることができ、
歯の健康を維持することができます。

投稿者: クレアデンタルクリニック

  • クレアデンタルクリニック クレアデンタルクリニック
  • 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
  • 求人のお知らせ 求人のお知らせ
  • クレアデンタルBLOG クレアデンタルBLOG

審美歯科無料相談を行っていますので
いつでも歯の相談へお越しください

今までどの歯医者へいってもダメだった…話をきちんと聞いてくれる歯医者へ出会えなかった…治療結果に満足ができなかった…そんな方はぜひ当院へご相談ください。

  • 予約優先制 メールか電話にてご予約ください TEL:052-889-6978 診療時間10:00~13:00 14:30~19:30
    contact_tel_sp.jpg
  • 無料 審美歯科のご相談はこちら
    無料 審美歯科のご相談はこちら
staff staff blog